それぞれの長所と短所

細かい違いはありますが、大きな違いを前項で示しましたが、実はそれがお互いの長所であり短所にもなります。ネットワークカメラは無線式でネットワークの名前通りにインターネットを使いその情報を飛ばすことができます。つまりカメラが設置してある場所から遠く離れていても、確認することが可能ということです。また無線ですので設置も簡単にできます。防犯にも役立ちますが、留守にしているとき、リアルタイムでペットの様子をみることなどができます。

キーボード監視カメラは有線式ですが、システムを改良することによりネットワーク化することは可能となります。現在カメラはデジタル化しており、取り入れた情報はHDなどに保存しています。HDをパソコンに繋ぐことにより、外部からPCを操作できるようにすればデータの確認は可能となるのです。ただ先ほどから示しているように、監視カメラは有線式です。カメラを設置するにはそれなりの配線工事が必要となり、ネットワークカメラのような手軽さはありません。

ネットワークカメラの短所は長所と直結しています。それはネットワークだということです。カメラや保存しているHDに余裕があっても、時間帯や条件によってはネットワークがその情報量を伝えられないかもしれません。またネットワーク最大の問題、情報の流出があります。セキュリティーの強化は当然ですが、その可能性はゼロではないということは理解しておく必要があるのです。

しかし、最近ではハッキング対策に非常に力を入れているネットワークカメラ企業が増えてきています。セキュリティー面で安心できれば、便利なカメラであることは間違いありませんので、選ぶときはしっかり確認しておきましょう。

推奨リンク:クラウドサービス|サービス | アロバビュー