それぞれの長所と短所

細かい違いはありますが、大きな違いを前項で示しましたが、実はそれがお互いの長所であり短所にもなります。ネットワークカメラは無線式でネットワークの名前通りにインターネットを使いその情報を飛ばすことができます。つまりカメラが設置してある場所から遠く離れていても、確認することが可能ということです。また無線ですので設置も簡単にできます。防犯にも役立ちますが、留守にしているとき、リアルタイムでペットの様子をみることなどができます。

キーボード監視カメラは有線式ですが、システムを改良することによりネットワーク化することは可能となります。現在カメラはデジタル化しており、取り入れた情報はHDなどに保存しています。HDをパソコンに繋ぐことにより、外部からPCを操作できるようにすればデータの確認は可能となるのです。ただ先ほどから示しているように、監視カメラは有線式です。カメラを設置するにはそれなりの配線工事が必要となり、ネットワークカメラのような手軽さはありません。

ネットワークカメラの短所は長所と直結しています。それはネットワークだということです。カメラや保存しているHDに余裕があっても、時間帯や条件によってはネットワークがその情報量を伝えられないかもしれません。またネットワーク最大の問題、情報の流出があります。セキュリティーの強化は当然ですが、その可能性はゼロではないということは理解しておく必要があるのです。

しかし、最近ではハッキング対策に非常に力を入れているネットワークカメラ企業が増えてきています。セキュリティー面で安心できれば、便利なカメラであることは間違いありませんので、選ぶときはしっかり確認しておきましょう。

推奨リンク:クラウドサービス|サービス | アロバビュー


見た目の違い

監視カメラ過去の監視カメラと現在の監視カメラの違いが分かったところで、次はネットワークカメラについて語っていきましょう。ネットワークカメラと監視カメラ、その違いは設置されてしまうと見た目ではあまり判別できません。

例えるのであれば、デジタルカメラとフィルム式カメラを遠目で正面からみて区別がつくでしょうか?カメラに詳しい人でないと難しいと思います。フィルム式カメラはレンズから取り入れた情報をフィルムに焼き付けます。デジタルカメラもレンズから情報を取り入れるまでは同じですが、情報を焼き付けるのではなくデジタル処理を行いデータ保存するのです。つまり情報の処理の仕方が違うだけで、基本原理は変わらないのです。ただ正面からといったのは理由があります。デジカメはカメラの後ろにはモニターがあり取り込んだ情報をすぐにモニターで確認することができます。フィルム式はそれがありません。カメラを知らない人でも後ろを見れば違いがすぐに分かってしまうのです。

ネットワークカメラと通常の監視カメラも基本的にはこれと同じです。ネットワークカメラは無線で繋がっていますが、通常の監視カメラは有線で繋がっています。天井に設置した状態ですと、見た目には分かりませんが、天井裏から見るとどちらなのか簡単に分かるのです。


監視カメラの進化版ネットワークカメラ

カメラ監視カメラは防犯対策として公的にも一般においても普及し、現在ではその進化版といえるネットワークカメラが登場しています。監視カメラは昭和の時代では映画の中で知られるようになりました。モニターは白黒のブラウン管の時代です。現在では当たり前のようにあるカメラ付きのインターホンですが、昭和の時代はそのシステムは見るからにカメラの形をしており、解像度も低いものでした。もちろんアナログですので、解析には不向きでおおよそのことしか判別するのは難しく、ビデオシステムは高額なものですから、モニターを監視するだけのものがほとんどでした。

ビデオシステムを設備していたところであっても、保存はビデオテープに録画するというものでした。ビデオテープは現在のデジタル処理と違い、録画時間は短く、テープを交換しないと録画を続けることはできません。そのためただでさえ解像度の低いテープの画質を落とすといった方法を取らざるを得ませんでした。現在はデジタル化していますので、テープではなくカードやHDレコーダーに録画するものがほとんどであり、長時間の録画や保存が可能になっています。昔のようにテープ交換は不要のうえに、データとして長期間保存することも可能になっているのです。

高性能だけでなく小型化もなされました。そのため昔は威圧のために使っていましたが、現在ではカメラはあって当たり前であり、関係のない人には威圧しないようにその存在を伏せるようになっています。